―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ!

トップページ > 一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

一日の食事の種類や量について

一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫や、各々に応じたクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)やクレアギニンEXを体内に含有しているかを明白にします。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、体内へのたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)やクレアギニンEXの摂取量を理解することができるはずです。腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。

とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能の低下を防いだり、遅延も見込めます。

もし、末期の腎不全になったとしても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかますます治療法も増加しており、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を選ぶことが期待できるはずです。クレアギニンEXの制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。

クレアギニンEX摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。

天然の味をおいしく食べることができるはずです。たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)制限が必要な方には、これらのたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)含有食品以外に市販でも購入できる「低たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)食品」があります。

まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してください。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。

仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。

食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で確認出来るはずです。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。

開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓の形はというとソラマメに似ていてどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓の主なはたらきは、たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)の代謝により生じた血液中の老廃物や毒素(五大有害重金属と呼ばれている鉛、水銀、カドミウム、アルミニウム、ヒ素が毒素として代表的です)といったものを尿と共に体外へ排出します。

体内の電解質の濃度を一定に持続したり、さらに、赤血球を造るクレアギニンEXや血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)のバランスを整えたり、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXをつくり出すなどの重要な役割を担っています。腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んでいわゆる腎不全と言われる病態に移ります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけて腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。

一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、日常的に規則正しい生活をつづけることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。

ところが、腎臓病の中にはおもったより進行するまで自己判断が難しいものもあるので、予防がナカナカ難しいのも現実です。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、まずは医療機関(病院や歯科医院の他に、助産所、はり師やきゅう師などが施術を行う施術所、薬剤師が調剤を行っている薬局も含まれることがあるでしょう)での受診を優先しましょう。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、だんだんとクレアギニンEXの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにクレアギニンEXの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたクレアギニンEXの量を減らす必要が出てきます。

市販のクレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮したものなので、生野菜や素のままの果物にくらべてそのものにふくまれたクレアギニンEXの量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつもクレアギニンEXを飲んでいると、高クレアギニンEX血症に罹患するリスクが高まります。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。

食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、そのうちクレアギニンEXは高血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。

背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓の治療は持ちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ! All rights reserved.