―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ!

トップページ > 腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにあるかと

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにある?

腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。

糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、さらに、赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)を作るクレアギニンEXや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したクレアギニンEXを形成するなど必要不可欠な働きをしています。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。

食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、クレアギニンEXは高血圧において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見うけます。腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが出来ます。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり自分では中々わからなかったりするため、常に油断しないようにすることです。

たとえば、いつもとはちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。

腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。

適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。

料理次第で、薄味でもたいへんおいしく食べることができます。

たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販やインターネット通販(支払い方法には注意が必要かもしれません。

クレジットカードの使用が不安なら、銀行振り込み、代引き、ネットマネーなどで支払うと良いでしょう)の「低タンパク質食品」も選択できます。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全へと推移します。

腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。

先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って病状に至る原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めるはずです。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と供に腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。60kg前後を標準体重とすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。食事療法については、栄養士に教えてもらいながら具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。開業医さんで食事指導をうけられないときは、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、だんだんとクレアギニンEXの排泄能力が低下していくことが多く、体内へのクレアギニンEX摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、クレアギニンEXの摂取量を確認し軽減する必要があります。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物に比べてふくまれているクレアギニンEXが、エラーなく多量です。

もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよくクレアギニンEXを飲んでいると、高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の調整を行ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の管理であったり赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)の生成にも関係し、私立ちの体にとって大事な働きをしています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。

一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫や、さらにクレアギニンEXの軽減対策などを指導します。

治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXをどのくらい摂っているかがわかります。

健康な腎臓機能でなくなると、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。

しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、なるべく現状を保つことも期待できます。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を見つけることが出来ます。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ! All rights reserved.