―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ!

トップページ > 腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、後

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

腎臓の病気には遺伝的要因からくる

腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろあるようですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能です。

ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分では中々わからなかったりするので、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。腎臓はソラマメに似た形をした臓器で腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。

腎臓は糸球体という小さな血管が数多く集まっています。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。

体内の電解質の濃度を一定に持続したり、赤血球を造るクレアギニンEXや血圧調整、骨組織に必要なクレアギニンEXをつくり出すなどの私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。

栄養士からの食事指導まで行き届かない場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

CKDの治療には薬物治療と食事指導で、これらの蛋白量に関する色々な工夫についてしることができます。もし開業医さんで食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらにクレアギニンEXの軽減対策などを指導します。

低たんぱく食事よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。

一日の食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、クレアギニンEXについては、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事の種類や量についてや、食事療法がメインとなり、前向きにこれらの管理をおこなうことでCKDの悪化を抑制できます。

そのための食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に含有しているかを明瞭にします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかをしることが可能です。

クレアギニンEXの制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。一日に6g未満が、クレアギニンEX摂取量としては適切とされています。

加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品選びを心がけましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお勧めします。食材の味を楽し向ことができます。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販やネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談して頂戴。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。

病状が急速に悪化する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があるようです。

先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎臓の機能回復が期待できます。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と一緒に徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるクレアギニンEXの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEXの量を調整しなければならず、必要に応じてクレアギニンEXの摂取を抑えていくことが不可欠です。

市販のクレアギニンEX(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)は、野菜や果物を濃縮したものなので、加工していない生の野菜や果物よりも多量のクレアギニンEXが含まれています。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、クレアギニンEX(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)を常時摂取している場合には高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿をつくり体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を造るはたらきをしたり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。

腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。

腎臓の機能は一度失われると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。

しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能の低下を防いだり、遅延も見込めるでしょう。

末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、各々の条件に適した治療をうけることができます。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ! All rights reserved.