―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ!

トップページ > 腎臓病にはDNAに起因する腎炎から

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなど

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断をうけ、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分ではナカナカわからなかったりするので、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、医療機関を受診しましょう。

近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっていますよね。

腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、或は電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体のために重要な役割を担っています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。

腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると一般的に腎不全へ移行します。

病状が急速に悪化する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎機能の回復が見込めます。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と伴にゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。薬物療法と食事指導をうけ付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

腎臓の形はというとソラマメに似ていて左右に一個ずつ、腰(筋トレ(自重を使って行うものから専門的な器具を使うものまで色々な方法があります)やストレッチをすると、痛めないですむでしょう)の辺りに存在します。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。腎臓の主なはたらきは、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の代謝により生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧調整、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXを作り出すなどの必要不可欠なはたらきをしています。

日々の食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、クレアギニンEXは高血圧治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。

腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、徐々にクレアギニンEX排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEXの量を調整しなければならず、これまで摂っていたクレアギニンEXの量を減らす必要が出てきます。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物に比べてクレアギニンEX含有量は極めて高いものが多いです。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、いつもクレアギニンEXを飲んでいると、さらに危険性のある高クレアギニンEX血症に陥る可能性が出てきます。

一度失われてしまった腎臓の機能は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせることができるようになりました。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身のQOL(生活の質)に合った最新の治療が期待できます。

クレアギニンEXの制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。

適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。

天然のだしは料理の味付けに最適です。

薄味でもおいしく食べることができます。

食べ物の中にはたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)が多くふくまれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)制限が必要な方にむけた「低たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)食品」が市販されています。

目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょーだい。

たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。

食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

蛋白量に関する食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、各々に応じたクレアギニンEXの抑え方などを指導します。主要な低たんぱく食事療法については、栄養士の指導でいろいろな工夫についてしることができます。仮に開業医さんに食事療法がCKD治療の要となり、前向きにこれらの管理をおこなうことでCKDの悪化を抑制できます。

食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)やクレアギニンEXの摂取量を確かめます。

一日における排泄物を検査し計算をします。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)やクレアギニンEXをどのくらい摂っているかがわかります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ! All rights reserved.