―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ!

トップページ > 腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

早期発見のためにも習慣的に健康診断が必要

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断(献血などでも簡易的に教えてくれますよね)を受け、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康な人と同じように生活することが可能です。

ところが、腎臓病の中にはまあまあ進行するまで日常に支障をきたさないものもあるため、常に油断しないようにすることです。

判断材料として尿の状態があるので場合によっては、医療機関を受診しましょう。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、各々に応じたクレアギニンEXの抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質やクレアギニンEXを摂取してているかをチェックします。

24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を掌握します。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。

健康な腎臓機能でなくなると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。

進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、透析療法や移植といった腎代替療法のなかにもさらに治療法の選択肢が増えているため、個々の状態と環境にマッチした治療を見つけることが可能です。

腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。

適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用がおすすめです。

天然の味をおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として市販やネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、クレアギニンEXは高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。

腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると一般的に腎不全へ移行します。

腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状に相応しい治療と腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができたら、腎臓の機能が回復する可能性があります。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と共に腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。

腎臓の形はというとソラマメに似ていてどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。

糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが数多く存在している場所でもあるんですね。

腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧調整、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXを創り出すなどの必要不可欠な働きをしています。

慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復するのはほどんどないため、機能の一つであるクレアギニンEXの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのクレアギニンEX摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、クレアギニンEX摂取を減らす必要があります。

一般的なクレアギニンEXは、材料を濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりも大概はクレアギニンEX含有量が非常に高いです。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、いつもクレアギニンEXを飲んでいると、高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。

食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。

蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。

仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ! All rights reserved.