―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ!

トップページ > 腎臓はひよこ豆に似た形をした臓器でどの辺りにあるかと

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

腎臓はひよこ豆に似た形をした臓器でどの辺りに

腎臓はひよこ豆に似た形をした臓器でどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。

体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、さらに、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧のバランスを整えたり、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXを創り出すなどの重要な役割を担っています。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になるでしょう。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

このような食事療法については、栄養士の指示でいろんな工夫についてしることができます。

もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。

一日に6g未満が、クレアギニンEX摂取量としては適切とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、なるべく生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などには、天然だしの使用を御勧めします。

薄味でもおいしく食べることができます。

食べ物の中にはたんぱく質が多くふくまれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販やインターネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。

具体的な使い方については、管理栄養士に相談して頂戴。腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んで次は腎不全と言う名前の状態になるでしょう。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。

急性腎不全においては、的確な治療と病状悪化の元を探り除去することにより、健康な状態への回復が期待出来るでしょう。慢性腎不全については、その特長により回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、普段からマイペースなリズムで生活することによって健康な人と同じように生活することが可能です。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自己判断が難しいものもあるので、常に油断しないようにする事です。

判断材料として尿の状態があるので場合によっては、まずは医療機関での受診を優先しましょう。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるクレアギニンEX(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)の排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのクレアギニンEX(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、クレアギニンEX(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)摂取を減らす必要があります。濃縮加工したクレアギニンEXは、加工していない生の野菜や果物よりもそのものにふくまれたクレアギニンEX(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)の量が圧倒的に多いです。そういったワケも含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、高クレアギニンEX(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)血症に罹患するリスクが高まります。

薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。

食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、クレアギニンEXは高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取する量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施するのが難しい方もたくさん見られます。

日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらにクレアギニンEXの軽減対策などを指導します。たとえば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。

具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に取り入れているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXをどのくらい摂っているかがわかります。健康な腎臓機能でなくなると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。

とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせることができるようになりました。もし、末期の腎不全になったとしても、これまでの透析療法や移植とは別にいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身の要望に沿った治療をうけることができます。

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私立ちの体にとって大切なはたらきをしています。 当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、それよりも前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 腎臓病による頻尿に効くサプリはクレアギニンEXが最強だ! All rights reserved.