夜間頻尿とは?

夜間頻尿とは?

夜間頻尿とは?

頻尿には、「昼間頻尿」と「夜間頻尿」というタイプがあります。
昼間起きている時間に8回以上トイレに行く状態が昼間頻尿で、夜寝ているときにトイレに2回以上目覚める状態が夜間頻尿とされています。

 

昼間頻尿は外出先や日中の仕事に影響するなどつらい尿トラブルですが、同様に夜間頻尿も生活に支障をきたし多くの方が悩んでいる症状です。

 

たとえば、お酒を飲んだり就寝前に多飲すると夜中にトイレに行きたくなることはありますが、病気が原因で夜間頻尿になることもあります。
夜間頻尿の場合は、前立腺肥大症や過活動膀胱が疑われます。

 

とくに中高年になり、夜間頻尿の症状があらわれる方が多いのですが、これは加齢に伴い抗利尿ホルモンの分泌が変化することが一因と考えられています。

 

夜間頻尿を防ぐために、夜寝る前の水分補給を控える方が多いようですが、場合によっては危険性があります。とくに


夏に水分を控えると脱水症状を起こす恐れがあるので注意が必要です。

 

多飲しなければ問題はありません。その他の要因に着目し、改善していく必要があります。

 

夜間頻尿になると夜中に何度も目が覚めてしまうため、睡眠時間が必然と短くなり睡眠の質も悪くなります。すると、日中に影響し、眠気が起きて事故のリスクや生活に影響してしまいます。

 

お困りの方は、頻尿対策サプリメントなどを活用してみてください。