排尿痛とは?

排尿痛とは?

排尿痛とは?

排尿痛とは、文字通り排尿の際に痛みを伴う症状です。頻尿の症状と併発することもありますが、排尿痛が起きている場合は加齢による頻尿とはまた異なり、何らかの病気の疑いがあるので注意が必要です。

 

排尿痛や血尿の症状が出ている場合は、急性膀胱炎の疑いがあります。
尿道から細菌が侵入することで起こる感染症です。急性の通り短期間で発症します。
細菌が侵入するまでの原因には、いくつかあります。ひとつは性行為です。性行為によって細菌が感染することがあります。

 

急性膀胱炎の症状は残尿感など軽度の症状もありますが、徐々に痛みが出るなど悪化していきます。

 

これらの症状は抗生物質の投薬によって治療していくことが可能です。

 

とくに排尿痛とともに血尿があり、血が濃くなっているほど急性膀胱炎の可能性が高く、炎症がひどいときには排尿痛なども激しい痛みになります。

 

また、これらの症状は急性膀胱炎以外の病気の可能性もありますので、必ず病院で調べるようにしてください。
たとえば、膀胱がんや腎盂腎炎の疑いもあります。腎盂腎炎の場合は、発熱や腰痛を伴うことが多いとされています。

血尿は疲労などによって起こることもありますが、このように病気の疑いも捨てきれませんので、泌尿器科などで診察・検査を受けることを推奨いたします。