残尿感とは?

残尿感とは?

残尿感とは?

頻尿に伴いやすい尿トラブルに「残尿感」があります。

文字通り、排尿後に尿が残っている不快な症状のことです。

排尿がスムーズに行われないと頻繁に尿意を催します。尿が膀胱内に溜まり続けるため、頻尿になるとも考えられます。

 

このような頻尿は、前立腺肥大症や前立腺がん、尿道狭窄など、女性は子宮摘出手術後などに起こることが多いとされています。
残尿感があると常に尿意がある状態になるため、短時間の間に何度もトイレに行きたくなってしまいます。
結果、日常生活に影響を及ぼすことがあります。トイレが近いという不安感から外出が億劫になってしまったり、眠りが浅くなるなど間接的に身体に影響することもあります。

 

残尿感や頻尿の症状は病気が原因で起こることもあります。
たとえば、糖尿病や脊髄損傷の後遺症として頻尿の症状があらわれることがあります。
いずれも、膀胱の容量が少なくなってしまい、排尿にも影響し残尿感が起こります。

 

原因の病気が進行すると、腎機能の低下などに影響を及ぼし、乏尿や無尿などの症状があらわれます。腎臓が悪くなるとカテーテルなどの治療が必要になるため、症状が悪化しないうちに治療を始める必要があります。