糖尿病による頻尿とは?

糖尿病による頻尿とは?

糖尿病による頻尿とは?

前立腺や尿道、膀胱などの病気から頻尿の症状があらわれることが多いのですが、実は糖尿病の症状として起こることもあります。
もし糖尿病の方は、その病気が原因になっているのかもしれません。

 

糖尿病になると、余計に喉が渇きやすくなることが、頻尿の起因とされています。頻繁に喉が渇き水分をとるため、その分余計に尿の量が増え、頻尿を起こします。

 

糖尿病は高血糖の病気ですが、この血液中の糖度の濃度を下げるために水分を補給しようとするのが、人のメカニズムになっています。そのため、余計に喉が渇きます。

 

こうして多飲することで自然と尿の量が増え、頻繁に尿意を催します。

 

また、糖尿病が悪化した場合、膀胱の神経が不調を起こし、膀胱に影響を及ぼすことも一因です。膀胱の感覚が悪くなるため尿が出し切れず残尿感および頻尿の症状が起こります。基本的に症状は前立腺肥大症と似ているため、勘違いされやすいのですが、もし糖尿病の場合には、糖尿病からきている可能性を疑ってください。

 

また、発症していない方でも、高血糖になると同様の状態になるため、糖尿病を防ぐ対策も必要になります。