膀胱炎の男女比率

膀胱炎の男女比率

膀胱炎の男女比率

頻尿や残尿感などの尿トラブルを起こす主な病気のひとつが、膀胱炎です。
膀胱炎は男女どちらでも発症する可能性はありますが、比較すると女性の方が膀胱炎になりやすいとされています。

 

女性が膀胱炎を発症しやすい理由は、男女の尿道や膀胱の違いにあります。

 

男性に比べて女性は尿道が短いため、膀胱炎の元になる細菌が侵入しやすいことが原因と考えられています。とくに、校門付近の大腸菌が入りやすいとされているため、予防には大腸菌を増やさないように便秘対策や排便時のお尻の拭き方などに気を付けるようにしてください。

また、女性ならではの月経にも一因があります。生理が始まると生理用品を使用しますが、それによって蒸れてしまい、とくに不潔な状態になりやすく細菌が発生して膀胱炎を発症することがあります。

清潔な状態を保つことが大切ですが、もしも膀胱炎になってしまったら、早めに治療を受けるようにしてください。初期状態なら、抗生物質の投薬などによって完治します。

 

女性は泌尿器科などに入りにくいと敬遠されている方が多いかもしれませんが、そのまま放置すると重篤な状態に悪化することがあります。

 

もっとも、腎盂腎炎に発展するとカテーテルなどが必要になり、
さらに


症状も悪化し高熱や激しい腰痛などつらい症状があらわれます。

なるべく早急に診察を受け、必要な治療を行ってください。