頻尿は老化現象の一種?

頻尿は老化現象の一種?

頻尿は老化現象の一種?

頻尿の症状はとくに、高齢者に多いとされています。
高齢者の多くが、夜間頻尿と呼ばれる夜寝ているときに2回以上トイレに行く頻尿の症状を訴えています。

 

これはひと言でいうと、老化現象の一種です。
もう少し具体的に説明いたしますが、老化によるさまざまな変化が影響しています。

 

  1. まず、老化が進むと心臓の働きが鈍くなります。すると、活動している日中に尿が作られにくくなります。そのため夜に尿の量が増加し、夜間頻尿の症状があらわれます。
  2. また、老化によって眠りが浅くなることから夜間頻尿になることもあります。夜中にふと目が覚めたときに、なんとなくついで感覚でトイレに行くクセがつくと夜間頻尿になってしまいます。

 

このように老化とともに、臓器の機能低下や眠りの質が変化することから、頻尿につながってしまいます。そのため、老化も頻尿の原因のひとつです。

 

夜間頻尿は水分の摂り過ぎで起こることもありますが、それを原因を考え水分補給を控える方がいますが、夏などは脱水症状を起こす恐れがありますので、ムリに水分を控える行為は控えてください

 

また、夜の尿の多さについては暗澹に調べられます。尿検査のように紙コップに尿を出したときの量で分かります。体重1キロで10mlが目安であるため、仮に体重が60キロの方は600ml以上も出ていると尿の量が多い状態です。

 

頻尿は老化現象とされていますが、もちろんそれだけではございません。病気などの影響もあるのでご注意ください。